「AGA」「MPHL」「FAGA」「FPHL」「びまん性脱毛症」の違い

薄毛についてインターネットで調べると、様々な医療用語が出てきます。
男性であれば「AGA」や「MPHL」、女性であれば「FAGA」や「FPHL」「びまん性脱毛症」といったワードが出現し、これらの違いがわからないといった方も多いのではないでしょうか。
WEBサイトによっても表現の仕方が異なるため、混乱してしまうのも無理はありません。
そこで今回は「AGA」「MPHL」「FAGA」「FPHL」「びまん性脱毛症」の違いを簡潔に解説してまいります。

AGAとは

まず、AGAとは「男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)」の略称になります。
Androgenetic(アントロジェニック)は、アンドロゲンという男性ホルモンのことで、Alopecia(アロペシア)は脱毛症のことを指します。
そのため「男性ホルモンによる脱毛症」と言い換えることもでき、成人男性に見られる薄毛の大半はこのAGAになります。
※ 全国で1,260万人の成人男性がAGA
AGAは、頭頂部(頭のてっぺん)や前頭部(額の生え際)から徐々に薄毛が進行していく特徴があります。

MPHLとは

一方、MPHLとは「Male Pattern Hair Loss」の略称で、こちらも「男性型脱毛症」のことを意味します。
Male(メール)は男性、Pattern(パターンは)、Hair Loss(ヘアーロス)は脱毛のことを言い、「男性型脱毛症」というワードを直訳した症名になります。
そのため「AGA」と「MPHL」は、呼び方が異なるだけで大きな違いはありません。
元々ある「AGA」という言葉に対し、「MPHL」は最近使われるようになった言葉になります。

FAGA

上記2つは「男性」に使われる医療用語に対して、FAGAは「女性」に対する医療用語です。
FAGAとは「Female Androgenetic Alopecia」の略称で「女性男性型脱毛症」のことを言います。
Female(フィメール)は女性、Androgenetic Alopecia(アントロジェニック アロペシア)は男性型脱毛症であることから、男性型脱毛症の「女性版」と言い換えることもできます。
AGAは、遺伝や生活習慣など様々な要因が挙げられますが、その中でも「男性ホルモン」の影響が大きいと言われております。
そして、この薄毛を招く男性ホルモンは女性の身体の中でも分泌されているのです。
女性には、髪の毛を長く太く成長させる女性ホルモン「エストロゲン」が存在するため、この男性ホルモンの影響は受けにくいとされているのですが、「加齢」や「ストレス」「生活習慣の乱れ」により女性ホルモンの分泌が低下してしまうと男性ホルモンの影響を受けやすくなってしまい、結果的に薄毛が進行してしまうのです。
このことから、男性型脱毛症の「女性版」ということで「FAGA」と呼ばれるようになりました。

FPHL

ここまでくればもうお分かりかと思いますが、FPHLは「Female Pattern Hair Loss」の略称で、女性型脱毛症のことを言います。
Female(フィメール)は女性、Pattern(パターンは)、Hair Loss(ヘアーロス)は脱毛のことです。
AGAの症状が「女性」にも見られることから「FAGA(女性男性型脱毛症)」という言葉が誕生しましたが、研究が進むにつれて女性の薄毛は「AGA」とはまた違った原因もあることがわかってきたため、最近では女性独自の総称として「女性型脱毛症(FPHL)」と呼ばれるようになったのです。
どちらも「同義語」であることに変わりはありませんが、より新しい言い方が「FPHL」になります。

びまん性脱毛症

最後に「びまん性脱毛症」ですが、これは女性に多く見られる薄毛の症状のことを言います。
びまんとは「一面に広がる」という意味を持ち、頭髪の毛量が全体的に薄くなっていく症状です。
男性の薄毛といえば「額の生え際」や「頭頂部」など部分的なところから薄くなっていく傾向がありますが、女性の薄毛は頭髪全体が均一に薄くなっていく傾向があります。
先ほども申し上げましたが、女性は「エストロゲン」という女性ホルモンによって、太くコシのある髪の毛を生成します。
しかし「加齢」などによりエストロゲンの分泌が低下してしまうと、今までのようなハリのある髪の毛を生成できなくなってしまい、頭髪全体が徐々に薄くなってしまうのです。
これが「びまん性脱毛症」と呼ばれる症状で、ここに男性ホルモンが関わってくると「FAGA」ということになります。
多くのWEBサイトでは「びまん性脱毛症」も「FAGA」も同じ括りにされておりますが、正確にはびまん性脱毛症の原因の一つがFAGAと言うことができます。
医学の進化により、現在ではどちらも「治療薬」によって改善することができますので、薄毛が気になるという方は是非一度AGAクリニックに相談してみてください。

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

関連記事

  1. 脱毛症(抜け毛)の種類

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。