女性の薄毛はどこで治療できる?費用は?

男性にとって永遠のテーマである薄毛。
しかし近年では、男性だけでなく「女性」もこの薄毛に悩む方が増えております。
その理由は様々ですが、女性の社会進出による生活習慣の乱れ、過度なストレス、ダイエットによる栄養の偏りなどが原因だとされており、薄毛治療に励む女性は少なくありません。
そこで今回は「女性の薄毛はどこで治療ができるのか」そして「費用の目安」を中心に解説してまいります。

はじめに

現在は、医学の進化により薄毛は治療薬で改善できる時代となりましたが、女性と男性とでは薄毛に用いる治療薬が異なります。
例えば、男性の薄毛(男性型脱毛症)に効果が高いとされる「フィナステリド」「デュタステリド」は、女性の薄毛(女性型脱毛症)には勧められておりません
日本皮膚科学会が発表している「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」では、下記のように記されております。

Q:フィナステリドの内服は有用か?
A:男性型脱毛症にはフィナステリドの内服を行うよう強く勧める(A判定)。一方、女性型脱毛症には行うべきではない(D判定)。

Q:デュタステリドの内服は有用か?
A:男性型脱毛症にはデュタステリドの内服を行うよう強く勧める(A判定)。一方、女性型脱毛症には行うべきではない(D判定)。

このことからも、女性と男性とでは服用する治療薬(内服薬)が異なり、故に「女性の薄毛は対象外」としたクリニックも多いのです。
ちなみに「外用薬」については、女性も男性も「ミノキシジル」という成分が有用だとされています。

Q:ミノキシジルの外用は有用か?
A:ミノキシジルの外用を行うよう強く勧める(男性・女性ともにA判定)

女性の薄毛はどこで治療できる?

では、女性の薄毛はどこで治療ができるのでしょうか。
女性型脱毛症に対応しているクリニックはいくつかありますが、当サイトでは「湘南美容クリニック」をおすすめしています。
湘南美容クリニックは「総合美容クリニック」ですが、現在は「薄毛治療」にも力を入れており、また男性型脱毛症だけでなく「女性型脱毛症」にも対応しております。
大手だからこそできる圧倒的なコストパフォーマンスも魅力で、幅広い年代の女性から支持されている人気クリニックです。

費用はどのくらい?

湘南美容クリニックでは、主に「内服薬」と「外用薬」で治療を進めていきます。
(もちろん、どちらか一方でも問題ありません)
女性型脱毛症に利用する主な治療薬は下記の通り。

タブレットML:5,940円(税込)

湘南美容クリニックオリジナルの内服薬で、発毛効果の高い「ミノキシジル」を配合。60錠(1ヶ月~2ヶ月分相当)で5,940円(税込)と、コストパフォーマンスに優れた人気治療薬。

HRタブレット セット:13,030円(税込)

上記の「タブレットML」に加え、抜け毛を抑制する「スピロノラクトン」のタブレット、また髪の毛に良い成分が入った「ビタミン・ミネラル・アミノ酸」タブレットの3点セット。

パントガール:10,450円(税込)

女性のびまん性脱毛症に有効な内服薬(サプリメント)。世界で初めてその効果と安全性が認められた治療薬でもあり、女性の薄毛治療として最もメジャーな治療薬。

HRアクアL スプレー:9,980円(税込)

湘南美容クリニックオリジナルの外用薬で、発毛効果の高い「ミノキシジル」を配合。日本皮膚科学会からも「A判定」を受けている治療法。

おわりに

以上が、女性型脱毛症に対応している「湘南美容クリニック」の治療費の目安となります。
もちろん、これらの治療薬以外にも「メソセラピー」や「自毛植毛」といった治療法があり、それぞれによって治療費が異なりますが、湘南美容クリニックでは現在「無料カウンセリング」を実施しておりますので、まずはお気軽に相談してみることをおすすめします。

無料カウンセリングのご予約はこちら

関連記事

  1. コロナの後遺症で抜け毛が多発!なぜ女性に多いのか?

  2. 脱毛症(抜け毛)の種類

  3. 自毛植毛を受けるならどこのクリニックがおすすめ?費用や施術方法を比較してみた

  4. 群馬県で「自毛植毛」が受けられるクリニック【最新】

  5. ジェネリック医薬品って何?プロペシアのジェネリック医薬品についても徹底解説!

  6. 「AGA」「MPHL」「FAGA」「FPHL」「びまん性脱毛症」の違い

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。