若ハゲって何歳から?遺伝が原因?治るもの?

男性の永遠のテーマである、薄毛。
この薄毛に悩む方は、40代や50代といった中年層だけでなく、早い人では10代からこの症状に苦しんでいる方もおります。
若年層の薄毛のことを、通称「若ハゲ」とも言いますが、若ハゲは「何歳から何歳まで」のことを言うのでしょうか。
また、その原因は一体何なのか。
今回は、若ハゲの「境界線」や「原因」「対策方法」について解説してまいります。

若ハゲは何歳から何歳までのことを言う?

まず「若ハゲ」の境界線ですが、こちらに決まった概念はなく、何歳から何歳までが若ハゲというものはありません。
しかし、あえて境界線を設けるなら、10代~30代前半までが若ハゲと言うことができるでしょう。
40代からのハゲは「れっきとした薄毛」であり、30代後半も「年齢的な観点」からそちら側に該当すると考えられます。
そのため「若ハゲ」か「若ハゲではない」かの境界線は、35歳が一つの目安と言えます。

若ハゲの原因は?

早い人では10代から薄毛の症状が見られる、若ハゲ。
この若ハゲの原因は、主に4つの原因が考えられます。

AGA(男性型脱毛症)

まず第一に考えられるのが「AGA(男性型脱毛症)」です。
男性型脱毛症は、成人男性の3.3人に1人が発症するとも言われており、男性に見られる薄毛の大半はこのAGAになります。
「成人男性」とありますが、最近では10代にも多く見られ、学生でも薄毛に悩む方がいるくらいです。
このAGAの原因は主に「遺伝」や「男性ホルモン」だと言われており、進行性の症状であることから「自然治癒」は期待できません。
そのため、内服薬や外用薬といった「治療薬」で改善するのが一般的ですが、未成年者には服用できない治療薬もあるため、改善するには医師に相談する必要があります。

ストレス

若ハゲの原因の二つ目として「ストレス」が考えられます。
何事にも言えることですが、ストレスを溜めることは身体に良くなく「育毛」も妨げてしまいます。
髪の毛の成長に必要な栄養素は、血液に乗って頭皮に届けられるのですが、ストレスを感じることで「血行悪化」を招いてしまい、頭皮に十分な栄養素が行き渡らなくなるのです。
学生をはじめ、若い世代は「受験」や「就職」「恋愛」「人間関係」といった悩みの種がたくさんありますので、ストレスを溜め込みすぎず、上手く発散していくことが大切です。

目の疲れ

三つ目の原因として「目の疲れ」が挙げられます。
目の疲れが続くと、ストレス同様「血行悪化」を招き、結果的に髪の毛の成長を妨げてしまう可能性があります。
最近では「スマホ」や「タブレット」「パソコン」は若者の必需品となり、それゆえ目を酷使することが急増しました。
この電子機器による「目の疲れ」は、若ハゲを増やした要因の一つだとも考えられます。

睡眠不足

最後に「睡眠不足」も若ハゲの大きな要因と言えます。
別のコラムでも何度か解説しておりますが、髪の毛は寝ている間に成長し、特に夜22時~深夜2時までのゴールデンタイムに良質な睡眠を取ることが、育毛に最も効果的だとされています。
しかし、若い世代は「勉強」や「ゲーム」「バイト」「飲み会」など、体力があるからこそ大切な睡眠時間を削ってしまいがちです。
育毛にとって良質な睡眠を取ることは必要不可欠ですので、若ハゲを改善するためにはこれらの生活習慣を見直す必要があります。

まとめ

以上、若ハゲの「境界線」や「原因」「対策方法」をお伝えしました。
若ハゲの原因は代表的な4つを挙げましたが、もちろんこれら以外にも「栄養不足」や「運動不足」といった要因が考えられます。
どれか一つが原因というよりも、いくつかの要因が重なって薄毛を発症してしまうことが多いため、若ハゲが気になる方は一度「日々の生活習慣」を見直してみましょう。
また、AGA(遺伝や男性ホルモンが原因)の場合は、生活習慣を見直しても薄毛が改善される可能性は低いため、治療薬で治していく必要があります。
薄毛治療を専門とするAGAクリニックでは、個々に合った薄毛治療を提案してくれますので、まずはこのような医療機関で悩みを相談してみることをおすすめします。

関連記事

  1. AGA治療は未成年でも受けられる?年齢制限は?

  2. 成人年齢が引き下げられたことで18歳でもAGA治療を受けられるのか

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。