AGA治療は未成年でも受けられる?年齢制限は?

AGA(男性型脱毛症)は、今や40代~50代の中年男性だけが悩むものではなく、20代~30代の若年層、早い人では10代の未成年者までが悩みを抱えております。
このAGAに「年齢」は関係なく、どの年代でも発症しうるものなのですが、現在は医学の進化により「AGA治療薬」を用いることで薄毛を改善することができます。
しかし、このAGA治療薬には年齢制限があるため、誰もが同じ治療を受けられる訳ではありません。
今回は、AGA治療薬の「年齢制限」について解説してまいります。

AGA治療は何歳から受けられる?

結論から申し上げますと、AGA治療は原則20歳からとなり、未成年者は治療を受けられない場合があります。
というのも、AGA治療に使用される医薬品(プロペシア)には、男性ホルモンを抑制する働きがあり、未成年者の発育に悪影響を及ぼす可能性があるからです。
AGAは「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンが主な原因とされているのですが、プロペシアなどのAGA治療薬は、このジヒドロテストステロンの生産を抑制することで抜け毛を防ぎます。
しかし、このジヒドロテストステロンは、男性の外性器の発育に必要なホルモンでもあるため、成長途中の未成年者には服用が推奨されていないのです。
とはいえ、未成年者のAGAに対して何もできない訳ではありません。
クリニックによっては15歳以上であれば治療可能としているところもありますし、様々な解決策を提案してくれます。
そのため、まずは「無料カウンセリング」にて、医師に直接相談してみることをおすすめします。

関連記事

  1. プロペシア(フィナステリド)が効かない人はどうしたらいい?考えられる原因とその対策

  2. AGA治療薬による初期脱毛って何?初期脱毛から生えるまでの期間

  3. 成人年齢が引き下げられたことで18歳でもAGA治療を受けられるのか

  4. AGA治療薬(プロペシア・ジェネリック)の個人輸入(通販)の危険性

  5. ジェネリック医薬品って何?プロペシアのジェネリック医薬品についても徹底解説!

  6. 薄毛治療薬で乳首(胸)が大きくなるのは本当か?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。