プロペシアのジェネリック医薬品が効かないのはなぜ?海外製は偽物の可能性も

薄毛治療薬の中で最も人気の高い医薬品、プロペシア。
このプロペシアは、アメリカの「メルク」という製薬会社が1997年に開発し、現在世界60ヵ国以上で販売されています。
日本でも2005年に厚生労働省に認可され、薄毛に悩む多くの男性を救ってきました。
そして2015年にはプロペシアの特許が切れたことで、価格が安い「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」が次々と販売され、人々がより手にしやすい治療薬となりました。
「プロペシア」と「ジェネリック医薬品」の違いは下記の記事をご参照いただければと思いますが、簡単に説明すると、ジェネリック医薬品は「効果」「品質」「安全性」全てプロペシアと一緒にもかかわらず、価格が安いのが特徴です。
どちらも「フィナステリド」という有効成分を主成分としており、その分量までもが同一である必要があります。


そのため、プロペシアではなく「ジェネリック医薬品」で既に治療を始めている方も多いのではないでしょうか。
しかし、ネット上には「プロペシアのジェネリック医薬品が効かない」との声が溢れています。
プロペシアとジェネリック医薬品の「効果・効能」は一緒のはずなのに、どうしてでしょうか。
今回は、その考えられる理由を2つ挙げたいと思います。

フィナステリドの研究成果

まず、プロペシアのジェネリック医薬品が効かない理由を挙げる前に、フィナステリドの有効性(効果)を簡単に説明します。
フィナステリドの内服(飲み薬)は、日本皮膚科学会も公式に「効果がある」と認めており、男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインではA判定(強く勧める)の評価を得ています。
この「A判定」の評価を得ているのは、フィナステリドの内服に加え、デュタステリドの内服、ミノキシジルの外用の3つだけです。
そして、414名の「日本人」男性被験者を対象とした国内の研究では、フィナステリドを1mg毎日服用することで、下記の成果が見られました。

1年間の服用…58%の方が軽度改善以上の効果あり
2年間の服用…68%の方が軽度改善以上の効果あり
3年間の服用…78%の方が軽度改善以上の効果あり

ちなみに、別の801名の「日本人」男性被験者を対象とした国内の研究では、フィナステリド1mgを「5年間」服用した場合、99.4%の症例で効果が見られたとのこと。
このように、フィナステリドは継続するほど効果を実感しやすい治療薬と言うことができるのです。

ジェネリック医薬品が効かないケース

これまで説明した通り、フィナステリドは薄毛に非常に有効な成分であり、そのフィナステリドを「プロペシア(先発医薬品)」も「ジェネリック(後発医薬品)」も使用しております。
ではなぜ「プロペシアのジェネリック医薬品が効かない」との声が出ているのでしょうか。
第一に考えられる理由が「服用期間」です。

6ヶ月以上服用しているか

フィナステリドは、乱れたヘアサイクルを「正常」に戻す薬です。
効果を感じるまである程度の時間を要し、最低6ヶ月の服用が推奨されています。
しかし、その事実を知らない方々は、2~3ヶ月服用しただけで「効果がない」と決めつけてしまっているかもしれません。
そのため、服用してまだ6ヶ月未満の方は、まずは「半年」経つまで様子を見るのが良いでしょう。
仮に6ヶ月以上「フィナステリド」を服用しても全く改善が見られない場合は、薬が効いていない可能性があります。
フィナステリドを「デュタステリド」に変更したり、ミノキシジルとの併用にしたりなど、何らかの見直しが必要となりますので、医師に相談して今後の対策を行なってください。

個人輸入代行サイトで購入したジェネリック医薬品ではないか

もうひとつ、考えられる理由は「個人輸入代行サイトで購入したジェネリック医薬品ではないか」ということです。
先ほど紹介した記事にも記載しておりますが、ジェネリック医薬品には「日本製」と「海外製」があり、それによって国(厚生労働省)の承認を得ているかどうかが異なります。


国産のプロペシアジェネリックは、日本の厳しい審査を経て「厚生労働省」の認可を得ておりますが、海外のプロペシアジェネリックは「ファイザー製」しか承認されておりません。
これがどういうことなのかというと、「国産のジェネリック」と「ファイザー製のジェネリック」以外、国は安全性を認めていないということです。
そのため、厚生労働省の認可を得ていない「ジェネリック医薬品」は病院やクリニックで処方してもらうことができず、手に入れるためには「個人輸入代行サイト」を利用するしかありません。
個人輸入代行サイトとは、業者が海外の治療薬を大量に仕入れ、それをWEB上で販売するサービスです。
厚生労働省の認可を得ていない他国のジェネリック医薬品は「安価」であることから、若者を中心に多くの方が利用しているのが実情です。
しかし、個人輸入代行サイトでは決して購入しないでください。
下記の記事でも解説しておりますが、ニセモノが非常に多く出回っています。

例え本物でも、厚生労働省(日本)の認可を受けていない治療薬となりますので、重篤な副作用が起きた場合は完全自己責任。
国の「医薬品副作用被害救済制度」を利用することができません。
有効成分が少なかったり、含まれていなかったり、ただ効果がないだけならまだマシですが、身体に悪影響を及ぼす成分が入っている可能性があります。
実際に、個人輸入代行サイトを利用して「ダイエット薬」を服用した日本人が死亡したケースがあり、また薄毛治療薬においても「発がん性物質」のある成分が含まれていたことがありました。
こういったトラブルは、医薬品の個人輸入すべてにおいて起こりえることなのです。

まとめ

今回は、プロペシアのジェネリック医薬品が効かない理由を2つ挙げました。
1つ目が、
➀薬を服用してまだ6ヶ月経っていない可能性
そして2つ目が、
➁飲んでいる薬がニセモノ(もしくは非承認の薬)の可能性
です。
このどちらにも当てはまらず、医師から処方してもらったフィナステリド(正規品)を「6ヶ月以上」服用しても効果がない場合は、恐らくフィナステリドが効いていないと考えられますので、医師に相談して治療薬の見直しを行なってください。
現在、多くのクリニックで「無料カウンセリング」を実施しておりますので、まずは気軽に相談してみることをおすすめします。

関連記事

  1. 薄毛治療薬で乳首(胸)が大きくなるのは本当か?

  2. AGA治療薬による初期脱毛って何?初期脱毛から生えるまでの期間

  3. AGA治療薬(プロペシア・ジェネリック)の個人輸入(通販)の危険性

  4. ミノキシジルは「内服薬」か「外用薬」どっちが良いの?気になる効果と知られざる真実

  5. AGA治療は未成年でも受けられる?年齢制限は?

  6. 女性の薄毛はどこで治療できる?費用は?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。