薄毛(ハゲ)隠しの「黒い粉」は効果あるのか?

ヘアファンデーションというアイテムがあることをご存知でしょうか?
別名「ハゲ隠しの黒い粉」や「ハゲ用ふりかけ」「増毛パウダー」とも呼ばれているのですが、現在さまざまな会社から販売されており、中でも「スーパーミリオンヘアー」という商品が注目を集めています。
今回は、この「ヘアファンデーション」の効果や仕組みについて、解説していきたいと思います。

はじめに

「百聞は一見にしかず」ということで、まずはこちらの動画をご覧ください。
スーパーミリオンヘアーを販売しているルアンの阿部社長が、自らの頭皮で実演している様子です。

いかがでしょうか。
動画を見ればわかる通り、かなり効果は高いと言えるでしょう。
スーパーミリオンヘアーは、特殊加工された粉状の人工毛を「静電気」によって付着させています。
そして仕上げに「ヘアミスト(スプレー)」をかけることで、このヘアスタイルを保つことが出来るのです。
地肌や髪に害はなく、洗髪すれば簡単に落とせるので、手軽にできる「薄毛対策」として非常に人気があります。
実はこういった「黒い粉(ヘアファンデーション)」は、テレビの撮影時にも重宝されています。
バラエティやドラマなどでは、上からのアングルで撮影することも多く、頭頂部が薄い人はどうしてもハゲが目立ってしまいます。
そのため、ヘアメイクの際に、これらの黒い粉を振りかけて薄毛部分を隠しているのです。
もちろん、全員が行なっている訳ではありませんが、多くのヘアメイクさんはこれらのヘアファンデーションを常備しています。

ヘアファンデーションのメリット・デメリット

ヘアファンデーションのメリットは、何といっても即効性があること。
薄毛対策といえば、現在は医学の進化により「飲み薬」での治療が主流となっておりますが、やはり生えるまでにどうしても時間を要してしまいます。
効果を感じるには、早くても3ヶ月~6ヶ月程度の期間は必要でしょう。
その点、ヘアファンデーションはすぐにでも薄毛を隠すことができるので、カツラと同じ効果があります。
仕上がりも自然でコストパフォーマンスも良いため、かなり満足度の高い薄毛対策だと言えるでしょう。
一方、デメリットは「一時的なカモフラージュにすぎないこと」です。
根本的な「薄毛問題」を改善するものではないため、その場しのぎとなってしまうのがデメリットだと言えます。
そのため、プロペシアやザガーロといった飲み薬で薄毛治療を行ないながら、生えてくるまでの期間このヘアファンデーションでカバーする、という流れが最も効率的な使い方だと言えるでしょう。
飲み薬での薄毛治療も、現在ではかなり安く始めることができますので、薄毛にお悩みの方はぜひ一度AGAクリニックの無料カウンセリングをお試しください。

関連記事

  1. ポニーテールはハゲる?その原因の「牽引性脱毛症」とは

  2. ヘアアイロンを使うとハゲるのか

  3. シャンプーブラシのメリットとデメリット!薄毛男子は利用するべきか

  4. ドライヤーを使うとハゲる!?髪の毛の正しい乾かし方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。