ドライヤーを使うとハゲる!?髪の毛の正しい乾かし方

今回のテーマは、髪の毛の正しい乾かし方についてです。
入浴後に髪の毛を乾かす際、多くの方は「ドライヤー」を使用して乾かすかと思いますが、中には「自然乾燥」で乾かす方もいらっしゃるかと思います。
果たして「ドライヤー」と「自然乾燥」、どちらの方が髪の毛に良いのでしょうか―。
結論から申し上げますと、髪の毛の自然乾燥はNGです。
そのため「ドライヤー」を使用して乾かす方が良いのですが、誤った乾かし方をしてしまうと、これもまた髪の毛にダメージを与えてしまい「薄毛」を誘発することになります。
そこで今回は、ハゲないための「ドライヤーの正しい使い方」について解説していきます。

髪の毛の自然乾燥が駄目な理由

まず、髪の毛の「自然乾燥」が駄目な理由ですが、主に下記の3つが挙げられます。

髪の毛が濡れていると「キューティクル」が開いた状態になり、ダメージを受けやすい

髪の毛は、水で濡れた状態になると「キューティクル」が開いてしまいます。
キューティクルとは、髪の表面にある「毛表皮(もうひょうひ)」のことで、簡単にいうと外敵から身を守ってくれる鎧(よろい)のようなものです。
この鎧が剥がれてしまうとダメージを受けやすくなってしまい、「切れ毛」や「枝毛」「抜け毛」の原因となってしまいます。
また、キューティクルが開いた状態が続くと髪の栄養素も外に漏れてしまうと言われており、このことからも自然乾燥はNGとされています。

雑菌が繁殖してしまい頭皮の炎症やかゆみ・臭いに繋がってしまう

洗濯した衣服を干さずに放置していると雑菌が湧き「嫌な臭い」を発するように、髪の毛も「濡れた状態で放置」していると雑菌が繁殖して頭皮の炎症やかゆみ・臭いに繋がってしまいます。
ハゲないためには頭皮環境を清潔に保つことが必要不可欠で、このことからも自然乾燥はNGとされています。

頭皮の冷えによる血行の悪化

育毛促進・抜け毛予防のためには、血流を良くして頭皮に栄養を送ることが重要なのですが、髪の毛が濡れた状態だと頭皮が冷えてしまい、血行の悪化を招いてしまいます。
血行が悪くなると「毛細血管」が縮小し、髪の成長に必要な「栄養素」が頭皮に行き渡らなくなってしまうため、このことからも自然乾燥はNGとされています。

ドライヤーの正しい使い方

上記の理由により、髪の毛を乾かす際は「ドライヤー」を使用して乾かす方が良いのですが、乾かし方を誤ってしまうと「ハゲを促進」させることになります。
そのため、ドライヤーの正しい使い方を学んで、出来る限り「髪の毛」や「頭皮」にダメージを与えないようにしましょう。

タオルドライで水分を十分に拭き取る

まず、ドライヤーを使用する前に「タオルドライ」で水分を十分に拭き取る必要があります。
ドライヤーは「熱に弱い髪の毛に、熱風を与える行為」のため、使用時間は短いことに越したことはありません。
しかし、髪の毛がビショビショのままドライヤーを行なうと、乾くまでかなりの時間を要してしまい、その分大きなダメージを与え続けることになります。
そのため、まずはタオルドライで事前に乾かし、ドライヤーの使用時間を短くしましょう。
濡れている髪の毛は「摩擦」にも弱いので、タオルドライの際は優しく水分を拭き取るように行なうのがポイントです。

低温で乾かす

ドライヤーの温度は、一般的に100℃~120℃が基本設定とされています。
※ JIS(日本工業規格)の規定で、ドライヤーの吹き出し口から3㎝の温度が140℃以下と決められているため
しかし、下記の記事でも解説しておりますが、髪の毛は濡れている状態で60℃乾燥している状態で90℃からダメージを受けると言われており、お風呂あがりに通常設定の熱風を当てると、髪の毛に大きなダメージを与えてしまうのです。


そのため、温度調整ができるドライヤーをお持ちの方は、出来る限り「低温の風」で乾かすのが良いでしょう。
ドライヤーの中には「スカルプ(頭皮)モード」といって頭皮に優しい低温の風(約60℃)を送り出してくれるものもありますので、その機能があるドライヤーをお持ちの方は「スカルプモード」を上手く組み合わせて使用することをおすすめします。

髪の毛(頭)から距離を取って乾かす

ドライヤーをかける際は、髪の毛(頭)とドライヤーの距離も大切です。
この距離が近すぎると、吹き出し口から出る熱風をもろに受けてしまうため、髪の毛や頭皮に良くありません。
髪の毛には神経が通っていないためあまり熱さを感じないかもしれませんが、知らず知らずのうちにダメージを蓄積しております。
そのため、最低でも15㎝、理想は20㎝の距離を保つよう心掛けましょう。

風を満遍なく当てて乾かす

この他にも、風を満遍なく当てて乾かすことが重要です。
多くの方は「同じ方向」からドライヤーの風を当て続けているかと思いますが、一点集中してしまうとその分頭皮にダメージを与えてしまいます。
1日だけならまだしも、これが毎日積み重なっていくとなると、そのダメージは計り知れません。
そのため、可能な限りドライヤーを持ち換えて「両サイド」から髪の毛を乾かすようにしましょう。
美容師さんがドライヤーを小刻みに振って乾かすように、髪の「内側」から「外側」にかけて満遍なく乾かしていくのがポイントです。

おわりに

以上が、髪の毛の正しい乾かし方になります。
毎日何気なく使っているドライヤーですが、少し意識するだけで頭皮や髪の毛に与えるダメージを軽減できます。
時代の進化により、今では頭皮に優しいドライヤーもたくさん出ておりますので、温度調整ができないドライヤーをご利用の方は、頭皮のためにも買い替えをおすすめします。

関連記事

  1. 逆立ちはハゲ予防になる?「逆立ち育毛法」の効果効能

  2. 薄毛(ハゲ)隠しの「黒い粉」は効果あるのか?

  3. ヘアアイロンを使うとハゲるのか

  4. 髪の毛に良い食べ物って何?ハゲや白髪を予防するために大切な栄養素

  5. 寝相が悪いとハゲる?枕に付いている抜け毛の原因

  6. 秋はなぜ「抜け毛」が多いのか?その原因と対策

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。