ミノキシジルは「内服薬」か「外用薬」どっちが良いの?気になる効果と知られざる真実

AGA治療薬の中で最も有効とされている成分が「フィナステリド」「デュタステリド」「ミノキシジル」の3つ。
この内、フィナステリドとデュタステリドは「内服薬(錠剤)」が一般的ですが、ミノキシジルには「内服薬」と「外用薬」の両方存在します。
そこで気になるのが、「内服薬」と「外用薬」のどちらの方が効果があるのか―。
今回は、ミノキシジルの気になる効果知られざる真実を解説してまいります。

ミノキシジルの外用薬

AGA(薄毛)を専門としているクリニックでは、「フィナステリド」や「デュタステリド」といった錠剤の他に、ミノキシジルの成分が入った「外用薬」も用意しているのが一般的です。
このミノキシジルの外用薬は、発毛効果に関して「高い水準」で効果が認められており、日本皮膚科学会が発表した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」でA判定(強く勧める)の評価を受けております。
また、このミノキシジルの外用薬が優れている点は、男性だけでなく女性にも有効だということ。
フィナステリドやデュタステリドといった錠剤は男性には有効ですが、妊婦に投与すると「男子胎児の生殖器官」などの発育に影響を及ぼす恐れがあるため、使用が勧められておりません。
しかし、ミノキシジルの塗布は「男性型脱毛症」にも「女性型脱毛症」にも両方に有効だと認められており、外用薬としては最有力候補の治療薬とされています。

治療薬 男性型脱毛症 女性型脱毛症
フィナステリド(内服薬) A判定(強く勧める) D判定(行なうべきではない)
デュタステリド(内服薬) A判定(強く勧める) D判定(行なうべきではない)
ミノキシジル(外用薬) A判定(強く勧める) A判定(強く勧める)

出典:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017

ミノキシジルの内服薬

一方、ミノキシジルの内服薬(錠剤)ですが、こちらも「AGAクリニック」や「個人輸入」で簡単に手に入れることができる治療薬となっております。
既に薄毛治療を始めている方で「ミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)」を飲んでいる方も多いのではないでしょうか。
しかし、このミノキシジルの内服薬(錠剤)には注意が必要で、前述したガイドラインでは内服を行なうべきではないとの評価が下されているのです。

治療薬 男性型脱毛症 女性型脱毛症
ミノキシジル(内服薬) D判定(行なうべきではない) D判定(行なうべきではない)

ミノキシジルの内服が勧められていない理由

では何故、ミノキシジルの内服は勧められていないのでしょうか。
実はミノキシジルは、元々「降圧剤(高血圧の治療薬)」としてアメリカで開発された薬なのですが、治療中の患者に「多毛症(体毛が濃くなる症状)」が確認されたことで、薄毛の治療薬として転用されることになりました。
この「降圧剤」は、FDA(アメリカ食品医薬品局)の認可はおりているものの、日本では認可されておらず、また「AGA治療薬」としてはどの国からも認可されておりません
もしかしたら「高い発毛効果」があるのかもしれませんが、臨床試験が実施されておらず、安全性が十分に検証されていないため、日本皮膚学会はD判定の「行なうべきではない」という評価を下したのです。
以上のことから、当サイトでは安全性を考慮して、ミノキシジルは「外用薬」として利用するべきと結論付けたいと思います。
「ミノキシジルタブレット」の効力を否定する訳ではありませんが、これらの知識がない中「個人輸入」で独自に治療を始めるのは危険です。
どうしても服用したいのであれば、AGAクリニックなどの医療機関で、医師の指示のもと服用されることをおすすめします。

関連記事

  1. 薄毛治療薬で乳首(胸)が大きくなるのは本当か?

  2. 効果が高い薄毛治療ランキング【BEST10】おすすめの治療方法はこれだ!

  3. AGA治療は未成年でも受けられる?年齢制限は?

  4. AGA(薄毛)治療を始めたいけど最初はどの薬がいいの?【初めてのAGA治療薬】

  5. AGA治療薬による初期脱毛って何?初期脱毛から生えるまでの期間

  6. プロペシア(フィナステリド)が効かない人はどうしたらいい?考えられる原因とその対策

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。